高齢者に適した補聴器の選択と聞こえ方の調節について

  • 補聴器の聞こえ方の違い

    • 補聴器には様々な種類がありますが、その種類によって聞こえ方が若干異なっています。



      その理由としては音を拾う機能が補聴器のどこについているのかによって違ってくるという点もありますし、補聴器そのものの機能や性能によっても異なってくると言えます。



      そのため、補聴器を購入する際にはまずそれを装着してみて、どのように聞こえるのかなど聞こえ方をチェックすることが大切になります。



      それと同時に音を拾う周波数なども調整し、自分にとってどの程度が聞こえ方として適しているのかも確認することが重要です。

      と言うのも、この機械は単純に音を拾うだけの役割を持っており、どの程度の調整が必要なのかどうかは人によって異なります。
      人によってつけない場合の聞こえ方にも違いがあるので、様々な種類を試してみて適しているものを探すというのが一番いい商品を見つけるためのポイントとなっているわけです。

      また、使用する場面や状況によっても使い分けることができるならば使い分けていくことが重要で、雑音が多い街中と静かな自宅の中では同じ周波数ではだめなので、どの場面ではどの程度の調整がちょうどいいのかも確認する必要があります。



      それによって丁度いい聞こえ方を理解することができるので、その目安を知っておくことはスムーズに補聴器を使用するためにも大切なものとなるわけです。



      ちなみに片耳ではなく両耳で使えるように調整しておくとさらにいいとされているため、試すときは両耳で試すことがお勧めです。



  • 関連リンク