高齢者に適した補聴器の選択と聞こえ方の調節について

  • 高齢者に適した補聴器の選択と聞こえ方の調節について

    • 補聴器は聴覚が低下してる人が用いる矯正器具で、主に加齢によって音が聞こえにくくなった高齢者が使用しています。

      補聴器は耳にはめ込んで使用することから小型で軽量の物が多く、取扱いの際には破損や紛失などに十分気を付ける必要があります。


      また、耳の穴に挿入することから湿気や耳垢などが付着して不潔な状態になることもあるため、こまめに清掃を行うように心がけます。



      補聴器の使用については聞こえ方の調節が最も重要なポイントになります。
      自然で違和感が無い聴こえ方になるように細かい調節が必要ですが、体調や気候によって音の伝わり方が違ってくるので注意します。



      また、補聴器は精密機器なので破損を防ぐためには聞こえ方の調節を専門家に依頼するのが最も賢明です。

      機器の内部に汚れや水分が入り込むと性能の低下や破損の原因になることから、取扱いに慎重になるだけではなく耳の穴も清潔に保つように心がけます。


      音の聞こえ方は耳垢の量で影響されることから定期的に耳の穴の清掃を行います。



      特に高齢者は新陳代謝の低下によって耳垢が蓄積しやすくなり、穴を塞いでしまうケースもあります。



      聞こえ方が悪くなるだけではなく炎症などの疾患を生じることもあるので医師による適切な除去処置を受けることが大切です。



      補聴器を効果的に使うためには機器の性能を把握して正しい手順で扱う他、耳の穴の状態も常に良好に保つことが重要な条件になります。



      そのため、機器を使用する本人だけではなく家族の協力が不可欠になります。

  • 関連リンク