高齢者に適した補聴器の選択と聞こえ方の調節について

  • 補聴器の種類について

    • 補聴器は聴力を補助することができる医療機器であり、主に難聴など張力に問題を抱えている人たちが利用しているものです。



      そんな補聴器にはいろいろな種類があり、どのようなものが自分の耳に合うのかどうかは販売店や専門の人たちと相談しながら決めることができるようになっています。



      そんな補聴器の種類は大きく大別すると5つに分けられており、「耳穴式」「耳かけ式」「ポケット型」「眼鏡型」「特殊補聴器」に区分されています。



      最も利用されているのが耳穴式と耳かけ式となっており、オーソドックスなスタイルの種類として愛用している人も少なくないようです。



      それぞれの種類には特徴が存在しており、サイズによって種類が分かれているほかにもオーダーメイドで作ってもらうことができるタイプとして人気が高い耳穴式、簡単に操作できて使いやすい上に汗が入りやすいというデメリットを克服するために汗に強くなっている耳かけ式、操作が比較的簡単で高出力で周囲の音を拾うこともできるポケット型、眼鏡としての機能も検討している眼鏡型、離れた場所に設置して音を拾うことができるものや高音域を拾いやすくしている特殊補聴器など、それぞれに特徴やメリットを持っています。



      これらを比較検討しながら実際に装着し、自分の耳に合っているか、実際に使ってみて使いやすく覚えやすいかどうかなど、実際に装着したり操作しながら自分に合ったものを探してみることが大切になっています。



  • 関連リンク