高齢者に適した補聴器の選択と聞こえ方の調節について

  • 聞こえ方の周波数にあわせた補聴器調整

    • 聴覚は、快適で安全な日常生活を贈るために欠かすことができない感覚です。



      しかし、病気や怪我、あるいは老化に伴って、耳は聞こえづらくなります。



      その結果、外に出ることを控えるといったことになりかねません。



      たとえ耳が不自由になったとしても、自由に外出することができるようにすることが大切です。
      こうした耳の問題に対して、補聴器によるサポートを行う事ができます。
      補聴器を利用する場合には、聞こえ方に応じて調整を行う事も必要です。



      音には周波数により特徴に違いが生じます。高音や低音の種類があり、人によって耳煮が聞こえづらくなった周波数にも違いがあります。


      そのため、単に補聴器で音を増幅するだけでは、違和感が感じられることが多いです。



      そのため、聞こえ方の特徴について分析を行った上で、聞こえづらくなった周波数を対象にして増音を行う事により、聞こえやすさをより自然にサポートできるようになります。



      補聴器を購入する場合には、聞こえ方が調整できるような販売店や製品を選ぶのが、自然な聞こえ方の改善には効果的です。


      微調整を行うだけでも、これまで不自然に聞こえていた音を改善することは十分に可能です。
      また、耳の聞こえ方は時間の経過と共に変化してくることもあるため、定期的に増音する周波数を調整するなどの対応を行ったほうがいいです。


      アフターサービスが充実した店舗であれば、購入後の補聴器を再び調整することについても対応してくれます。

  • 関連リンク