高齢者に適した補聴器の選択と聞こえ方の調節について

  • 補聴器の種類を知って自分に合うものを見つけよう。

    • 補聴器は色んな種類がありますが、生活場面で使いやすいものを選ぶことが大切です。

      耳掛け型が一番生産量が多いですが、耳あな型とか箱型があり、耳の大きさや形に合うものを使うほうが楽です。



      耳掛け型では、フックと導音チューブが付いたタイプのもの、耳の後ろに隠れてしまうくらいの大きさと細いチューブが付いたタイプがあり、使う人の好みで選ぶことができます。



      種類が豊富にあり、それぞれの歴史が長いのは、耳の形が人によって様々であり、生活スタイルとか、使いたい目的が様々であるためです。



      耳が比較的小さい人は、耳あな型を選ぶ人が多く、長い間使い続けていけば、つけていることに違和感がなくなってきます。


      小さい時に一番初めに箱型を使ってきた人は、次に違う種類の耳掛け型を使い、そのあとで耳あな型に変わる人がたくさんいます。



      補聴器はあくまでも聴力の補助であって、完璧なものではないのでその特徴を良く理解して、長い間使っていけると判断したものを使うようにすると効果的です。



      練習としては、毎日使うことが大切であり、雨に濡れたり、陽に当たるところに放置したりしないで保管に気をつけることです。

      体のメンテナンスをするのと同じで、補聴器のメンテナンスを定期的に販売店にやってもらい、効果的な使い方ができるようにする必要があります。


      補聴器の訓練は頭と耳の訓練であり、しっかりと発音ができるように補助してくれる器械であることを頭に入れて楽しく使うことで脳が活性化します。



  • 関連リンク

    • 補聴器は聴力を補助することができる医療機器であり、主に難聴など張力に問題を抱えている人たちが利用しているものです。そんな補聴器にはいろいろな種類があり、どのようなものが自分の耳に合うのかどうかは販売店や専門の人たちと相談しながら決めることができるようになっています。...

    • 補聴器は色んな種類がありますが、生活場面で使いやすいものを選ぶことが大切です。耳掛け型が一番生産量が多いですが、耳あな型とか箱型があり、耳の大きさや形に合うものを使うほうが楽です。...